岐阜市の不動産についてはハウスアイビーへ > ハウスアイビー 岐阜店のスタッフブログ記事一覧 > マンション購入後の5つのランニングコスト

マンション購入後の5つのランニングコスト

≪ 前へ|家を購入する時のタイミングについて   記事一覧   引っ越しの挨拶:現代の事情とその必要性について|次へ ≫

マンション購入後の5つのランニングコスト

カテゴリ:マイホーム購入

マンションを購入した後、住む上でかかる費用は単に購入価格だけではありません。
管理や維持のための様々な費用が発生します。以下に、マンション購入後に考慮すべき5つの主なランニングコストを紹介します。



その①:管理費

マンション内の共用部分(エントランス、廊下など)の維持・管理に必要な費用が管理費です。
管理費には以下のような項目が含まれます。

  • 管理会社への委託費用
  • 管理委託費用(管理人の人件費など)
  • 定期清掃費用
  • 施設保守管理費用(エレベータ保守、消防設備保守など)
  • 組合運営費用(備品購入代金、通信料など)

これらの費用は専有面積の割合に応じて分担され、管理会社が業務を遂行します。
マンションの戸数が多いほど一戸当たりの管理費は割安になる傾向があります。

その②:修繕積立金

マンションの老朽化を防ぐために、将来の修繕工事に備えるための修繕積立金があります。
修繕積立金は定期的な修繕計画に基づいて設定され、以下のような工事に充てられます。

  • 建物の給排水やガス設備工事
  • 屋根防水塗装や外壁塗装工事
  • 建物内の設備取り換え工事

長期的な計画に基づいて資金を積み立て、修繕を行うことで、建物の耐用年数を延ばすことができます。

その③:駐車場使用料

マンション内の駐車場や駐輪場を利用するためには、駐車場使用料や駐輪場使用料が発生します。
これらの料金は管理組合の収入源として活用され、建物の維持や管理費に充てられます。

その④:解体積立金

借地に建てられたマンションは、借地契約終了時に解体する必要があります。
解体には多額の費用がかかるため、解体積立金が設けられます。
この積立金は将来の解体費用に備えるためのものであり、工事相場の変動を考慮して設定されます。

その⑤:固定資産税・都市計画税

所有者は不動産の固定資産税や都市計画税を納める必要があります。
これは所有するマンションの敷地や建物に基づいて課税されるもので、年に数回の納税が求められます。
新築マンションは一定期間、軽減措置が適用される場合もあります。



これらのランニングコストは、マンションの購入後に毎月支払われることになります。
購入前にこれらの費用を計算し、長期的な視点で予算を立てることが重要です。
また、自主管理マンションにおいては管理費の節約が可能ですが、適切な管理と維持が求められることも留意すべきです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

株式会社ハウスアイビー
〒500-8361
岐阜市本荘西2丁目16 笠井ビル103号
電話:058-338-9110
★マイホームをお探しの方はコチラ★
↓↓↓

★土地建物を売りたい方(無料査定)はコチラ★
↓↓↓

●ホームページ:https://house-ibe.com/
●物件検索サイト:https://www.house-ibe.jp/
●不動産売却サイト:https://www.baikyaku-house-ibe.jp/

★公式Instagram
★公式TikTok
★公式YouTubeチャンネル

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
≪ 前へ|家を購入する時のタイミングについて   記事一覧   引っ越しの挨拶:現代の事情とその必要性について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る