岐阜市の不動産についてはハウスアイビーへ > ハウスアイビー 岐阜店のスタッフブログ記事一覧 > マイホームのロマン設備シアタールームとは?設置する時の注意点も

マイホームのロマン設備シアタールームとは?設置する時の注意点も

≪ 前へ|マイホームの購入をご検討中の方におすすめの対面式キッチンをご紹介!   記事一覧   市街化調整区域とは何か?わかりやすく解説|次へ ≫

マイホームのロマン設備シアタールームとは?設置する時の注意点も

カテゴリ:マイホーム 間取り&設備

マイホームのロマン設備シアタールームとは?設置する時の注意点も

新たにマイホームを購入する予定の方は、自分にとっての夢や希望を敷き詰めることも考えます。
そういった夢や希望の一つがシアタールームであり、その魅力にとりつかれた人も多いでしょう。
今回は、この夢の設備の一つであるシアタールームとは何かを解説しつつ、設置する場合の注意点についてもわかりやすくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム設備の一つシアタールームとは何?

そもそも、このシアタールームとは何か、感覚的には理解しているけど具体的に口頭で説明しようとすると、適切な語彙が浮かばないために表現できない人も多いでしょう。
一言で解説すると映画や音楽を徹底的に楽しむ部屋になります。
いわゆる映画館やライブハウスにいるような臨場感を味わうことができるので、臨場感のある音楽を楽しみたい方や、映画を楽しみたい方にとっての夢のつまった部屋です。
こういった特殊なルームは、音響技術やプロジェクターの進化によって導入しやすくなり設置する人も増えています。
シアタールームの種類は大きく分けて二つあり、映画館のような施設を整えるホームシアターと天井などにスクリーンといった機器を収納しているリビングシアターです。

マイホーム設備の夢であるシアタールームの注意点は?

シアタールームをマイホーム設備の一つとして取り入れる時の注意点は、費用が上乗せされることと、上を見たら切りがないことです。
こちらの設備は部屋の広さは自分で選べますし、機材も多種多様にあるため高級なものを求めたら切りがありませんし費用も跳ね上がります。
最低限必要な設備としてプロジェクター・スクリーン・スピーカーの3点がありますが、スクリーンも大きくなればなるほど費用がかかり、解像度が高いプロジェクターもお高くなります。
サラウンド環境を整えるために必須となるスピーカーも、こだわることで費用がかさみます。
そのほかの設備として防音性能や遮音性能も確保する必要があるため、そちらの費用もかかるでしょう。
これらの機材費用や施工費用を考えると、プラスで300から500万円はかかると考えてください。
ローコストを徹底的に意識すれば100万円以下に収まりますが、上を求めたらそれだけ跳ね上がってしまいます。
また、シアタールームは防音設備などの特別な施工が必要になるので、こういった施設を施工したことがある業者を探す必要があるのも注意点です。

まとめ

マイホームにシアタールームの施工費用は、どのような機器を揃えるのかで費用が異なってきますので、自分が求める夢の部屋はどこまでのランクがいいのかをある程度決めておく必要があります。
金額による違いが大きいため、どこまで求めるのか、どこで妥協するのかが重要であり、ある程度の予算内で終わらせるためにそれぞれの機材を自分で調べて導入することも重要でしょう
ハウスアイビー岐阜店は、岐阜市や瑞穂市を中心にお客様のニーズにお応えできる物件を多数取り扱っております。
不動産のプロとしてお客様が満足していただけるよう対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホームの購入をご検討中の方におすすめの対面式キッチンをご紹介!   記事一覧   市街化調整区域とは何か?わかりやすく解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

坂下久也 最新記事



坂下久也

少しでもお客様のご不安を解消できるように、元気にそしておもてなしの心を忘れずにお客様をお迎えしたいと心がけています。 お気軽に、お友達の家に遊びにいくような感覚でご来店下さい♪ 分からないことはどんな小さなことでもご質問して頂ければ大丈夫! お客様が安心して「お家」の事を考えて頂けるお手伝いをします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る