岐阜市の不動産についてはハウスアイビー 岐阜店へ > ハウスアイビー 岐阜店のスタッフブログ記事一覧 > 2つのハザードマップ「洪水ハザードマップ」と「内水ハザードマップ」の違いとは?

2つのハザードマップ「洪水ハザードマップ」と「内水ハザードマップ」の違いとは?

≪ 前へ|狭小地の不動産を売却する方法とは?売れないときの理由も解説   記事一覧   元・光GENJIの大沢樹生さんがハウスアイビーへご来店されました|次へ ≫

2つのハザードマップ「洪水ハザードマップ」と「内水ハザードマップ」の違いとは?

カテゴリ:不動産豆知識


不動産の購入時に説明を受けるハザードマップには、主に3つのハザードマップがあります。
①洪水ハザードマップ
②内水ハザードマップ
③高潮ハザードマップ

です。そのうち、③高潮ハザードマップは万が一、高潮による浸水被害が発生した場合に、どのような状況が予想されるかについて把握することを目的としたハザードマップです。


海に隣接してない我々岐阜県の場合は、高潮ハザードマップを作成していない自治体がほとんどです。
ですので、今回は①洪水ハザードマップと②内水ハザードマップについてその違いなどを解説したいと思います。




洪水ハザードマップとは?



洪水とは水害の一種で河川の氾濫のことを指します。
堤防を境に河川が市街地の外側にあるとこから「外水氾濫」と表現されることもあります。


河川の水位が増大することにより、市街地に河川の水が溢れ出したり、最悪の場合は堤防の決壊により大量の水が市街地へ流入したりすることもあるのが「洪水=外水氾濫」ということになります。


洪水ハザードマップとは、上記のような破堤、はん濫等の浸水情報および避難に関する情報を住民にわかりやすく提供することにより、人的被害を防ぐことを主な目的として作成されたもので、以下3つの条件を満たすものとされています。


1.浸水想定区域が記載されていること
2.避難情報が記載されていること
3.市長村長が作成主体となっていること



内水(ないすい)ハザードマップとは?



内水とは、外水と呼ばれる堤防の外側の水の流れ(河川など)に対して市街地を流れる水の流れを指します。


例えば市街地を流れる側溝や排水路、下水道などが内水に当たります。

この市街地を流れる水路などが氾濫し溢れかえることを「内水氾濫」と言います。


内水氾濫は、一般的に都市の排水能力(時間あたり約50mm相当)を超えたときに発生します。近年、局地的・短時間で雨が降る集中豪雨――いわゆる“ゲリラ豪雨”が増えたことで、50mmを超える降雨が多発しているため、内水も頻発しています。


内水ハザードマップは、浸水リスクや浸水時の行動についてあらかじめ確認し、日頃から内水による浸水に備えるため、想定される浸水区域や浸水の深さなどの浸水情報と水害発生メカニズムや避難方法などの情報をまとめたものです。



まとめ



不動産を購入する時に説明を受けるハザードマップには3種類あり、今回はそのうちの洪水ハザードマップと内水ハザードマップについて解説しました。

ひとくちにハザードマップと言っても、その目的別に複数のハザードマップが存在します。

それぞれの特徴や役割を認識して、日頃からの防災に役立てるのはもちろん、不動産購入時には、しっかりハザードマップを確認することが重要です。


ハウスアイビー岐阜店は、岐阜市や瑞穂市を中心にお客様のニーズにお応えできる物件を多数取り扱っております。
不動産のプロとしてお客様が満足していただけるよう対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|狭小地の不動産を売却する方法とは?売れないときの理由も解説   記事一覧   元・光GENJIの大沢樹生さんがハウスアイビーへご来店されました|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


トップへ戻る