岐阜市の不動産についてはハウスアイビー 岐阜店へ > ハウスアイビー 岐阜店のスタッフブログ記事一覧 > 【住宅ローン返済がキツイとお悩みの方へ】住宅ローンのリスケジュールとは?

【住宅ローン返済がキツイとお悩みの方へ】住宅ローンのリスケジュールとは?

≪ 前へ|リノベーション済み 平屋戸建て「ネオ古民家」の販売開始!   記事一覧   マイホーム購入時の流と注意点:スムーズな購入プロセスのために|次へ ≫

【住宅ローン返済がキツイとお悩みの方へ】住宅ローンのリスケジュールとは?

カテゴリ:住宅ローン
住宅ローンのリスケジュールとは、毎月の返済額を軽減するために、返済期間やその他の条件を変更する手続きです。

この手続きは、金融円滑化法が導入される前から存在し、金融庁は今でも柔軟な対応を求めています。リスケジュールを行うことで、自宅に引き続き住み続けることができ、延滞の記録もリセットされます。
ただし、手続きには費用や労力がかかることや、新たな借り入れが制限されること、そしてリスケジュールが行われた銀行での新しいローンを組めなくなることがあります。

また、リスケジュールを断られる場合もあり、その場合は法律や金融庁のガイドラインに基づいて判断されます。



しかし、万が一、リスケを断られた場合でも、諦める必要はありません。銀行には、返済に困っている場合に利用できる支援策が用意されています。例えば、利息補給制度や公的融資制度などがあり、それらを活用することで、返済負担を軽減することができます。ただし、これらの支援策にも一定の条件がありますので、銀行に相談して詳細を確認することが大切です。

また、リスケをする場合でも、あくまでそれは一時的な処置であり、根本的な解決策ではありません。そのため、リスケをする際には、返済計画の見直しや収支の見直しを行い、将来的に返済が滞ることのないように対策を立てることが重要です。例えば、収入の増加や支出の削減などを検討することで、返済負担を軽減することができます。

まとめると、住宅ローンのリスケは、返済期間や金利などの条件を変更して、返済負担を軽減することです。リスケをすれば、生活を安定させることができるというメリットがありますが、手続きが大変だったり、新たな借り入れができなくなるなどのデメリットもあります。また、リスケは一時的な処置であり、将来的に返済が滞らないように対策を立てることが重要です。銀行には、リスケ以外にも支援策が用意されているため、返済に困った場合は相談することが大切です。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

株式会社ハウスアイビー
〒500-8361
岐阜市本荘西2丁目16 笠井ビル103号
電話:058-338-9110

●ホームページ:https://house-ibe.com/
●物件検索サイト:https://www.house-ibe.jp/
●不動産売却サイト:https://www.baikyaku-house-ibe.jp/

★公式Instagram
★公式TikTok
★公式YouTubeチャンネル

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
≪ 前へ|リノベーション済み 平屋戸建て「ネオ古民家」の販売開始!   記事一覧   マイホーム購入時の流と注意点:スムーズな購入プロセスのために|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


トップへ戻る