岐阜市の不動産についてはハウスアイビー 岐阜店へ > ハウスアイビー 岐阜店のスタッフブログ記事一覧 > カーポートの屋根材の種類と選び方

カーポートの屋根材の種類と選び方

≪ 前へ|「告知事項あり」物件とは?   記事一覧   不動産を購入する際に利用できる住宅ローン「フラット35」とは?|次へ ≫

カーポートの屋根材の種類と選び方

カテゴリ:マイホーム 間取り&設備


岐阜の交通の要は「車」
首都圏とは違って、車が生活の足となるだけに、お車は一人1台が一般的になりつつあります。

なので、お家を購入する時に、一番ご希望の多いのが「カーポート」の設置。
雨でも車の乗り降りに便利なだけでなく、冬場フロントガラスに霜が降りにくかったり、強い紫外線から車をガードするという役割もあります。


カーポートは柱と屋根だけで作られているのが基本ですので、用途によって屋根材も違ってきます。
もちろん、予算面でも違いが出ますので、カーポート選びは「屋根材選び」と言っても過言ではありません。


では、カーポートの屋根材にはどんなものがあるのでしょうか?



カーポート屋根材の種類



◎ポリカーボネート◎

強度のある樹脂製(プラスチック)の素材です。
軽くて丈夫、光を透過できるので、カーポートで日当たりが悪くなることも少ないです。
価格もお手頃なので、現在、主流の素材です。
ネックと言えば、見た目がややチープな印象になる場合もあることでしょうか。


◎波板◎

波型のプレートで、スチール製と樹脂製があります。
ちょっと前までは、カーポートと言えばこの波板が使用されていることが多かったです。
安価なものもありますので、簡易的なもの、雨の少ない地域にはいいかもしれません。


◎スチール折半◎

重い荷重にも耐えられる素材です。素材そのものが頑丈で重量もあるので、支える柱を太くする必要があるため、設置にはそれなりに広いスペースが必要です。
見た目も重厚感と高級感はありますが、価格も高額になります。


◎アルミ◎

紫外線とサビに強いので、海沿いの地域などではよく使われる素材です。



カーポートの役割



①雨風を防ぐ

乗車・降車時に雨や風を防ぐという目的があります。


②紫外線を防ぐ

屋外に車を停めておくことで、車の塗装やパーツに紫外線によるダメージがあります。
それを防ぐ目的でもカーポートは役立ちます。


③雪や霜を防ぐ

冬場、朝の出勤時にフロントガラスに霜が張り付いてしまうことを防ぎます。
また、大雪が降ったときにも車が雪で埋まってしまうことを防げます。


④飛来物から守る

風などで飛んでくる飛来物から車を守ります。
特に台風のシーズンなどは安心です。



まとめ



カーポートは雨天時の乗車降車だけでなく、車の維持にも役に立ちます。

岐阜での人気素材はポリカーボネートで、用途によってはスチール折半もニーズがあります。

カーポートのご相談もハウスアイビーでお受けしますので、お気軽にお問合せ下さい!


ハウスアイビー岐阜店は、岐阜市や瑞穂市を中心にお客様のニーズにお応えできる物件を多数取り扱っております。
不動産のプロとしてお客様が満足していただけるよう対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|「告知事項あり」物件とは?   記事一覧   不動産を購入する際に利用できる住宅ローン「フラット35」とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

坂下 久也 最新記事



坂下 久也

少しでもお客様のご不安を解消できるように、元気にそしておもてなしの心を忘れずにお客様をお迎えしたいと心がけています。 お気軽に、お友達の家に遊びにいくような感覚でご来店下さい♪ 分からないことはどんな小さなことでもご質問して頂ければ大丈夫! お客様が安心して「お家」の事を考えて頂けるお手伝いをします。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る